Page: 1/8   >>
一番生地と会話できる時間。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

あら断ちが終わった後の生地はパーツごとに地直しをしていきます。

経糸と横糸が直角になるように一枚一枚丁寧に時間をかけて

アイロンをかけます。

同じ反の生地であっても部分部分で生地の状態が異なるのが

面白いですね。

あら断ちを行わず、生地が長い状態でアイロンをかけるほうが

ずいぶんと楽で無駄が少ないのですが、やはり生地の面積は

少ないほうが地直しは正確に行えるともいます。

 

地直しが終わった生地は奇麗に平面に収まってくれています。

生地が自然な状態に戻ってくれている状態で裁断していくことが大事です。

これも地味な作業ですが、ある意味一番「生地と会話」できる

楽しい時間でもあります。

 

 

大丸福岡天神店にてPOP UP SHOP決定!

2019年春夏の新コレクション(服)の販売STARTになりますので

ご期待くださいませ!

期間:2/13(水)〜2/19(火) 10:00〜20:00

会場:大丸福岡天神店 1階エスカレーター横

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
糸と肌触りを考える。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

着心地や動きやすさ、そしてシルエットの出来を左右する要素に

縫い糸や、縫い代の仕様なども深く関わってきます。

 

一般的にパイピングや折り伏せ縫いなどが手間がかかり、

高級な仕立て方というイメージがありますが、必ずしも万能な

縫い方ではありません。

パイピングや折り伏せ縫いは見た目は奇麗で、耐久性もありそうですが

実際は布の厚みが出てしまい、硬くなるので動きやすさやシルエットが

損なわれることも多いです。

 

そこでALL MY LOVINGではオリジナルの仕様として、

「フラットパイピング」を開発しました。

インナーなどにも使用されるほど柔らかく、肌触りの良い糸で

非常に細かく縁をかがっていくことで見た目の美しさと薄さ・軽さを

実現しております。

 

一番の特徴は折り伏せ縫いなどではできない「曲線」を

立体的に表現できること。

非常に時間とコストがかかる縫い方ですが、クリエイティブを損なうことなく、

実用性を追求するALL MY LOVINGの縫製仕様です。

 

いい服を作るためには細部にこだわることが本当に大事だと思います。

 

「FASHION MONTH FUKUOKA ASIA 2019」で

ラシック福岡天神×ALL MY LOVING POP UP SHOP開催決定!

期間:2/2(土)〜2/15(金) 10:00〜20:00/入場料:無料

会場:福岡三越B1F ラシック福岡天神センターゾーン ふたくち

詳細はコチラから:FASHION MONTH FUKUOKA ASIA 2019

 

| ALL MY LOVING | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
糸1本を切り落とす感覚。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

ほつれ止めの為にかけるロックミシン。

かける時にはけして布を切り落としたりはしません。

 

感覚としては「織り糸1本」を落としていく感じです。

ロックミシンをかけ終わるころには布くずではなく、

綿ぼこりが溜まっています。

 

正確に裁断した布の形を変えないためにも、

ロックミシンには繊細な感覚と集中が必要です。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
縫いあわせる目的以外の縫い目。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

立体的な服を仕立てていく過程では、直接布を縫い合わせる

ため以外の縫い目がたくさん出てきます。

ミシンの縫い目とアイロンで布を形作っていくわけですが、

通常の工程と比べ、何倍もミシンの工程が増えていきます。

 

もちろん、行わなくてもテクニックがあれば縫えるのですが、

作業の丁寧さはの違いは必ず仕上がりに出ます。

 

工程を減らすことが目的ではなく、いい服に仕立て上げる

事が目的であること忘れず仕立てていきます。

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
効果的にステッチをかける。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

ステッチは通常、デザインを主な目的として使うことが多いと思います。

その他の目的としては補強でしょう。

 

しかし、それ以外にもステッチには使い方次第で

いろいろな効果が期待できます。

 

作りたい形を作るためにはステッチを効果的に取り入れていく

事が大事。

 

特にデニムはステッチとの相性がいいですね。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
丁寧に折る。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

服作りにアイロンの工程が大切なのは言うまでもありませんが、

直線であっても綺麗にアイロンをかける事はなかなか難しいです。

 

カーブは言うまでもありません。

コツはカーブの形合わせて細かく丁寧に行うことです。

ただアイロンで押さえるのではなく、いせ込んでいくような感覚。

綺麗に仕上がってくれるとなんとも気持ちのいい物です。

オーダーメイドでは特にアイロンに時間をかけて服作りを進めていきます。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
贅沢な時間。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

襟の折返りを作るアイロン作業はいつも楽しいです。

布が変化していく課程が面白い。

未処理の方と比べてみると、どのように変化したかがよくわかります。

パターンだけではけしていい服は作れないし、

縫製だけでも、アイロンだけでもいい服は出来ません。

 

非効率でも、すべての工程を自分一人で一貫して行えるオーダーは、

やはり造り手にとっても贅沢な時間です。

 

 

| ALL MY LOVING | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シンプルなダーツ。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

体の凹凸を表現するためのダーツは、一番シンプルに

立体的なシルエットを作る方法です。

 

シンプルだからこそ、ダーツを縫うのには気を使います。

縫い目が目立たないように、自然なふくらみができるように。

 

パターンの段階からイメージしているシルエットを

丁寧に縫い上げていきます。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1mm以下の縫い目。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

1mm以下の縫い目になるとほぼ感覚で縫います。

2〜3mmくらいであれば感覚でもわかりやすいのですが、

1mm以下はさすがに気を使います。

それは、大きく縫うと心よりも小さく縫うところの方が

仕上がりに影響が出やすいからです。

感覚だけは頭で理解するのではなく、とにかく「量」を

熟さなきと身につきません。

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
当たり前のことを当たり前にする。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

実際の長さを合わせて仕上げる。

当たり前のことなんですが、オーダーでは当たり前のことを

当たり前にすることが大切です。

布は同じ形に裁断していても、縫製の作業中に微妙に縮んだり

伸びたりします。

全てのパーツを最初の計算通りに仕上げて、計画通りに仕上がる

というわけではありません。

 

一つ一つ仕立てるからこそ、細かい部分までチェックが可能です。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

PR

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Profile

Recommend

「日の丸ジーンズ」

ALL MY LOVINGオリジナルデニム   「日の丸ジーンズHP」  http://hinomaru-jeans.all-my-loving.net/

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode