Page: 1/6   >>
隠しばさみ。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

隠しばさみ。

 

そんな呼び名はないのですが、料理の隠し包丁を入れて

いるような感覚で服の内側の余分な布をカットしていきます。

どこの布は必要で、どこが必要ないか?

どこの布は、どのくらい残していれば仕上がりが奇麗か?

布の厚さ、硬さなどと、デザインを考慮して考えていきます。

ものすごく地味な作業ですが、仕上がりに直結してくるので

とても大切な作業。

もちろん、この作業は行わなくても服は問題なく仕上がります。

しかしこの「少し」の布の違いで、仕上がりの「スッキリ」感は全く

違ったものに仕上がっていきます。

実際は見えないところだし、アイロンでごまかしたりもできる

部分なので人によっては手を抜く部分ですが、どうせ作るなら

自分のブランドタグの付いた服は手間をかけて、大切に仕上げていきたいです。

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ダーツは縫うだけでは完成しない。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

立体である体に沿う、立体的な服には必ずダーツが存在します。

*縫い目として見えない場合も含む

 

ダーツはただ縫うだけでは奇麗に仕上がることはありません。

縫う前に「一工夫」した後、いつものアイロン作業。

きちんとした工程で仕上げられたダーツは「縫い目」を感じさせない仕上がりになります。

平面だった布も自然で柔らかい立体に仕上がっていきます。

造り手にはなぜかダーツを毛嫌いする方も多いですが、

丁寧に、きちんと造ってあげればダーツは実に奇麗に立体を作りだしてくれます。

 

もちろん、ALL MY LOVINGの服に取られているダーツは

全て「ただ縫ってるだけ」の見せかけのダーツではありません。

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
襟造りもアイロン。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

私はパターンが大好きですが、パターンだけをいくら考え抜いても

やはり布は平面でしかありません。

だからすべてのパーツにはアイロンが必要になります。

最近はアイロンの話ばかりですが・・・

やはりアイロンは大事。

 

数字しか考えずにパターンを引く人には、おそらくいつまで考えても

この形状の理屈はわからないでしょう。

「理屈」は「技術」と合わさることで、初めて活きてきます。

 

まだいろいろと秘密の工程が隠されていますが、

最終的には平面だった布は、自立した襟に成型されていきます。

ALL MY LOVINGの服は全て、工場での流れ作業ではなく、

このように私の手で生み出されていきます。

 

デザイン・パターン・縫製。

全ての工程が一貫して管理されていないといい服はけして作れません。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見えない部分で袖を仕上げる

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

服には表から見えないパーツが意外と多いです。

例えばこの布。

裁断後アームホールの形状に合わせてアイロンで成型していきます。

十分に成型出来たら、アームホールに縫い付けていきます。

さらにアイロンでアームホールと袖になじませていきます。

そうすると立体的に縫い付けた袖の膨らみが奇麗に出てくれます。

ただ「形」だけの型紙を作り、ただ」「縫い合わせる」だけで

イメージ通りのシルエットを作ることはできません。

 

「お客様のイメージを表現するためにどうすべきか?」を考え、

最適な方法を模索していくのがオーダーメイドの工程です。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平面的で立体的に縫い付ける。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

立体的に成型した袖も、立体的に縫い付けなければ台無し。

寸法も形状も異なるパーツをバランスよく適切に縫い付ける箇所は

一番の腕の見せ所。

袖を縫い付けるアームホールよりも、袖の寸法の方が大きいので

右手で目打ちという道具を使いながら細かく縮めながら縫い付けていきます。

縮め方が1佇僂錣襪世韻蚤気良佞方は変わってしまうので、

袖の状態を確認しながら微調整していきます。

 

そして左手では袖山の形を立体的に整えながら縫い付けていきます。

アームホールは2Dで、袖は3Dで縫い付けていくと、着た時に

奇麗な立体となります。

 

布は縫い付けた時の状態で立体的な服になっていきますので、

両手をフルに使いながら行う袖付け。

難しい箇所ですが、一番楽しい箇所でもあります。

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
袖を無理矢理縫い付けるのは簡単ですが・・・

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

一見同じ袖のようですが、すべて違う袖。

オーダーでは着用される方の体型がそれぞれ違うので、

身頃本体が全部異なります。

当然アームホールの形も変わり、そのアームホールの付く袖の形も変わります。

一般的なパターンオーダーのように丈や幅だけを合わせて、

無理に縫い付けることは可能ですが、それでは「オーダー」と言うよりも

「お直し」に近い間隔の作り方になるのではないでしょうか?

 

そして裁断後の平面的な袖を「立体」に変えていきます。

袖山を細かく縫い縮め、アイロンで成形していきます。

縫い縮める分量が生地に対して適切であり、アイロンが適切にかけられていれば

袖山は美しい丸みを帯びてきます。

ここでもアイロンを通しての「布との会話」が続きます。

 

そしてアイロン後の袖は立体的に変わっています。

アイロン前の袖と比べると一目瞭然ですね。

この立体的に仕上がった袖を、見頃に立体的に縫い付けていくのも

腕の見せ所です!

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アイロンでしか作れない形。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

服作りにおいてアイロンの工程が大事なのは何度もブログでも書いてきました。

それななぜかというと、布は紙ではないからです。

 

丁寧にゆっくりとアイロンをかけて、

徐々に布の形を変えていく。

すると布は「縫っただけ」では消して作れない形に変化していきます。

もちろん、どこでも形を好きなように変えていけばいいと言うことではありません。

お客様の体型がはっきりとしているオーダーメイドではなおさら。

 

ミシンをかけているときと同じように、アイロンをかけているときも「布との会話」は続いています。

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一番気持ちの入る部分。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

自分のブランドの服を作っていて一番気持ちが入るところ、

やはりブランドネームを縫い付ける時。

組織の一員としてではなく、「自分」がお客様と直接お話しさせていただき、

「自分」というデザイナーから購入していただく服。

一人一人のお客様のお顔が見える分、感じる責任や1着1着にかける想いも

大きくなります。

 

そしてもう一つ気持ちがこもる場所、

それは「Made in FUKUOKA」であること。

自分を育ててくれた街「福岡」から、「福岡」の特色を生かした服を作り

全国へ発信したい!

 

その思いはブランド立ち上げ時から何も変わることなく、

工場での大量生産は行わず、毎日アトリエで服を作り続けております。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見えない部分に「見える」考え方。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

服を形成するために表から見えてない部分にも意外と

たくさんの布が隠れています。

 

その見えない部分の布をどう処理しているかも服の

仕上がりには大きく影響するし、作り手の服に対する

考え方が色濃く反映されています。

 

例えば、形を綺麗に仕上げたい部分は、縫い合わせた

後に余分な布はカットしていきますし、少しでも軽く仕上

げたい部分も同じようにカットしていきます。

面積にしても、重さにしても全体からするとわずかな差では

ありますが、この一手間が何十ヶ所と積み重なっていくと服

の仕上がりは全く違ってきます。

 

そしてここでも大切なのはアイロン。

既製服のコストカットに一番取り入れやすいのがアイロンの工程。

アイロンは縫い合わせたら、こまめにアイロンをかけないと本来の

「作りたい形」は出来ません。

 

「早く」仕上げようと思えば服を作るスピードは上げれます。

でも私はデザイナーとして、服余りの時代にあえて「早く」、「より多く」

の服を作ることにあまり価値を感じません。

一つ一つ丁寧に、着ていただける方をイメージしながら自分の

技術や感性を活かせる。

 

オーダーは造り手に取っても贅沢な時間です。

 

 

| ALL MY LOVING | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アイロンは型紙の一部。

JUGEMテーマ:DENIM COUTURE

 

ALL MY LOVINGが「mm単位」にこだわって造った型紙を

100%活かすためにはアイロンでの「くせ取り」が必須になってきます。

 

もともと人の立体的な体に合わせたり、運土ぷ量を確保するためには、

型紙だけでは不可能です。

 

型紙はアイロンや縫製と連携することで初めて完成するし、

アイロンや縫製の工程をイメージすることでしか完璧な型紙は作れません。

 

ということで体の丸みに合わせて生地をアイロンで成型したり、

 

ウエストの絞りを出すために、

 

布をまっすぐにしたり・・・((笑)

一見真逆のことをしているような部分も出てきますが、

これらの部分が合わさることによって全体的に調和の

とれたシルエットが作られていきます。

 

 

いよいよ来週より開催!

「九州深発見 POP UP SHOP」に参加します!

期間:10/4(木)〜10/8(月・祝)

    *最終日は17:00までの開催となります。

場所:大丸福岡の本館8階催場

 

 

| ALL MY LOVING | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

PR

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Recommend

「日の丸ジーンズ」

ALL MY LOVINGオリジナルデニム   「日の丸ジーンズHP」  http://hinomaru-jeans.all-my-loving.net/

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode